学部・専攻紹介

環境共生学部 環境共生学科

環境共生学部 環境共生学科

環境共生学部は、環境共生に係わる諸問題を総合的に捉え、人間活動を支える場としての豊かな自然を保全しつつ、持続的に利用し、地域住民の快適で健康な生活を確保する方策を追求し、地域の発展と人間福祉の向上をめざすことを理念とし、自然環境と人間活動との共生のあり方について教育・研究することを目的とします。

人材の育成に関する目的

人材の養成に関する目的

環境共生学部では、人と自然とが共生していく際の諸問題を総合的に捉え、その方策を追求することを通して、地域の発展と人間福祉の向上をめざし、環境共生型社会の創造に貢献する人材を育成します。

環境資源学専攻では、環境問題を科学的に解明し、持続可能な対策を提案していくために必要な自然科学の基礎的知識と理解力を育み、生態系の仕組みや人間活動が環境に及ぼす影響を調査、解析、評価する能力を養成し、持続的循環型社会の創造に貢献する人材を育成します。

居住環境学専攻では、環境への負荷軽減、人間の健康・福祉などの視点を重視する居住環境に関する実践的な教育・研究を通じ、共生型居住環境の創造に必要なデザイン、計画、調整、構築に関する多様な能力を養成し、自然と共生した人と地球にやさしい居住環境を創造できる人材を育成します。

食健康環境学専攻では、自然環境へやさしく、地域の環境特性を反映した「食と健康」に関する教育・研究を通じ、医療・保健・福祉・食育活動の分野で活躍する管理栄養士や、食・健康・環境分野の研究および教育に携わり、地域社会の健康増進や運動指導に係わる人材を育成します。

環境資源学専攻(学生定員:30名)

環境資源学専攻

本専攻は、地域の生態系メカニズムの解明や、人間活動が生態系に及ぼす影響の解析を通した自然環境と人間活動との共生のための基礎的理論について教育・研究を行っています。

そのために、環境共生にかかわる諸問題を科学的に解明し対処するための基礎的な自然科学の知識と理解力を養成し、併せて、生態系の仕組みや、人間活動が環境・資源に及ぼす影響を調査、解析、評価する能力を養成します。また、各実験・実習・演習科目において得られた結果の処理、分析、レポート作成、結果発表(プレゼンテーション)に関する能力を養成します。

居住環境学専攻(学生定員:40名)専攻のパンフレットはこちら

居住環境学専攻

本専攻は、「環境共生」の理念を前提とした環境への負荷軽減、人間の健康・福祉などの視点を重視する居住環境とそのシステムのあり方について、実践的に取り組む教育・研究を行っています。

そのために、住居から建築・都市・地域に至る住環境の全体を見据え、実体験に基づいた科学的認識能力を養成します。また、居住環境の創造に役立つようなデザイン、計画、調整、構築に関する能力に加えて、関連する社会科学的知識を養成します。

食健康環境学専攻(学生定員:40名)

食健康環境学専攻

本専攻では、「人と社会と自然との共生」の視点から、自然環境にやさしく、地域の特性を反映した「食と健康」について教育・研究を行っています。

そのために、食品の機能、人体の構造と機能、栄養素の体内での変化、食生活と生活習慣病予防、疾病と栄養、バイオテクノロジーと食品開発、食品の安全性と健康、身体活動と健康管理、食糧生産など、食・健康・環境にかかわる諸問題を科学的に解明し対処するための基礎的な自然科学の知識と理解力を養成します。また、各実験・実習・演習科目において得られた結果の処理、分析、レポート作成、プレゼンテーション、コミュニケーションに関する能力を養成します。

Page Top